THE TERRACE HOTELS HANDBALL TEAM
LA TIDA OFFCIAL WEBSITE

TEAMチーム

  • PV、RW

    佐藤 未来

    MIKU SATO
  • 2
生年月日
1994.10.29
出身地
東京都
身長
163cm
血液型
O型
経歴
東久留米西中
→文化学園大学杉並高
→早稲田大
佐藤 未来

Q&A

Q.ニックネーム
ミク
Q.利き腕
Q.趣味・マイブーム
プチDIY
Q.休みの日の過ごし方
ショッピング
スタバ
Q.ハンドボールを始めたきっかけ
先輩に誘われて
Q.加入年歴、加入を決めた理由
2019年
新しくできるチームの一員として、日本リーグに挑戦したいと思ったから
Q.選手として心がけていること
お風呂上がりのストレッチ
Q.アピールポイント
ボールへの執着心
Q.試合前のルーティーン
好きな音楽を聴いてリラックスする
Q.勝負メシ
焼きおにぎり
Q.私のここを観て
不意をつくプレー
Q.得意なプレー
ディフェンスの駆け引き
ピボットプレー
Q.今シーズンの意気込み
日本リーグに参戦できること、ハンドボールができることに感謝し、1試合1試合、自分に出来る事を出し切る!
Q.ファンへのメッセージ
テラスの試合を観に来て良かったと思っていただけるような試合ができよう頑張ります!
佐藤 未来

2021 年チームスローガン

チームスローガン

~意志あるところに笑顔と道あり~

日本ハンドボールリーグに参戦する記念すべき初シーズン。
チャレンジャーとして、目の前の試合を全力で戦い抜き、
1 つでも多く勝利をつかみ取りたいという気持ちを表現しました。
「勝ちたい」という意志をチーム全員があらゆる形で行動に移し、
チームはもとより支えてくださる方々が笑顔になれること、
これからチームが歩むべき道を自ら切り開いていくことを目指します。

クラブプロフィール

  • チーム エンブレム

    チーム エンブレム

  • チーム チームロゴ

    チーム ロゴマーク

チーム正式名称
ザ・テラスホテルズ ラ・ティーダ
愛称
LA TIDA/ラ・ティーダ
チーム名由来
常に雰囲気が明るいチームを目指し、沖縄の方言で「太陽」を表す「ティーダ」(TIDA)に、女性名詞に付す冠詞「LA」(ラ)を合わせました。
チームカラー
沖縄の自然を代表する「ビーチ」の砂、海、太陽を表現した白・青・赤のトリコロールカラー
ロゴ
チームカラーのトリコロールとコーポレートカラーの「ゴールド」で、勝者を象徴する「王冠」とフクロウをアレンジしました。王冠の星(★)はコートに立つ7人のプレーヤーを表現しています。
チーム沿革
2017年4月
クラブチームとして、「ザ・テラスホテルズ」が発足
初の大会出場(第50回沖縄県一般ハンドボール選手権)
2018年9月
日本ハンドボールリーグ参入を目指すことを表明
10月
初のトライアウト実施
2019年6月
チームの愛称が「LA TIDA(ラ・ティーダ)」に決定
9月
チームのマスコットキャラクターが「コノハ」に決定
2020年8月
2021-22シーズンからの日本ハンドボールリーグ参入を発表 (ザ・ブセナテラスにて記者会見を実施)
2020年10月~1月
第12回チャレンジ・ディビジョン出場
2020年12月
第72回日本ハンドボール選手権出場
活動理念
・周囲の皆様へ常に誠意を持って接することで、沖縄やハンドボールのファン層を拡大する。
・情熱あふれるプレーを繰り広げ、期待以上にこころを動かす有意義な時間を提供する。
・幸福感が増進するような価値を、ハンドボールを通じて発信し、沖縄の発展に貢献する。
CSR、参加イベント(2019年度)
・県内の中高校生への指導、高校生との練習試合
・名護市の小中学生対象ハンドボール教室(名桜大学や琉球コラソンと合同)
・沖縄市の中学生ハンドボール教室への選手派遣など

クラブマスコット

モチーフは、ザ・ブセナテラスを象徴する動物である「リュウキュウコノハズク」。
フクロウの特徴であるキラキラと光る大きな目は、勝利への闘志を表し、
ザ・テラスホテルズのロゴマークであるクバの葉をイメージした大きな手で勝利を掴む。

名前
コノハ
好きな食べ物
むし
得意なこと
ジャンプ力を発揮させたシュート
生まれたところ
やんばるの深い森
お仕事
ラ・ティーダのハンドボール選手
ラ・ティーダ マスコット

クラブ概要

運営法人
ザ・テラスホテルズ株式会社
所在地
沖縄県名護市喜瀬1808
ホームタウン
沖縄県名護市
チーム創立
2017年
練習場所
21世紀の森体育館(名護市)
ザ・ブセナテラス